カテゴリー
salon

ひげ脱毛でも痛いの?光脱毛とレーザー脱毛

濃い毛が密集している髭脱毛の痛みは、多くのサイトで取り上げられる人気テーマとなっています。今回は最近の主流となっている光脱毛とレーザー脱毛の「痛み」の解説をしますので、ぜひ参考にしてみてください。

光脱毛

サロンや家庭用脱毛器を使って行う光脱毛は、手軽にスタートしやすい初心者向けの脱毛法です。

フラッシュ照射時に熱さを感じる特徴がありますが、「耐えられない痛み」はほとんどないため、他の脱毛法で嫌な想いをしてきた人でも継続しやすい位置付けとなっています。

サロンでは、施術前後のクーリングや肌ケアも徹底していますので、炎症による肌トラブルや痛み、痒みを避けたいと考える皆さんにも適した方法と言えるでしょう。

レーザー脱毛

毛の深いところまで光を照射する医療レーザー脱毛は、光脱毛と比べれば「確実に痛い」と断言できる方法です。

しかし実際は、「毛抜きによる自己処理よりも痛みが少ないこと」でも知られているため、これまでの自己処理を続けてきた人には、十分に耐えられる痛みと捉えて良いでしょう。

毛が抜けるスピードも早い医療レーザー脱毛は、光脱毛と比べて通院回数が少ない方法となりますので、「短期決戦で苦痛が解消される」と考えれば、我慢のモチベーションも維持できるレベルと言われるようになりました。

医療レーザー脱毛は、同じく美容クリニックでできるニードル脱毛と比較されることの多い存在ですが、ニードルのように痛みに耐えられず途中で投げ出す人もほとんどいないため、かなり患者さんへの負担が軽減している方法と位置づけられています。

まとめ

たくさんのヒゲが生えている顔まわりは、体の中でも痛みを感じやすい非常にデリケートなパーツと言われており、他の部位で全く痛みを感じなかった施術でも、「ヒゲ脱毛を始めたら痛かった」というケースもあるようです。

痛みの強さで比較すれば、「レーザー脱毛よりも光脱毛の方が良い」という結論ですが、効果の高さや肌トラブルの少なさ、金額などを含めて総合的に検討するのが理想的だと言われるようになりました。

近年では、1回1,000円前後のお試しキャンペーンを用意する脱毛サロンや美容クリニックが増えていますので、痛みに対する不安のある人は実際の施術を体験した上で、本契約へと進んでみてください。

これまでの経験で痛みに対するトラウマがある場合は、最初のうちにエステティシャンに伝えておくことをおすすめします。