カテゴリー
salon

ひげ脱毛の副作用は?

安全性の高い髭脱毛でも、多少の副作用が生じるケースもあると言われています。今回は、青髭で悩む皆さん向けに髭脱毛の副作用をご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

炎症

真っ黒な髭にレーザーを照射すると、毛根の周辺が軽い炎症状態になります。これは光脱毛・レーザー脱毛の仕組みによるものですので、「この状態を避けている限り綺麗にならない」と捉えてください。

特に施術を行った当日は赤みや腫れが出やすい傾向がありますので、エステティシャンの指示を守って、クーリングや保湿ケアを行ってみてください。

美容クリニックで処方された外用薬を塗っていれば、赤みや炎症も早く回復していきます。

火傷

毛根に照射したレーザーが強すぎると、稀に火傷に属する副作用が起こるケースもあるようです。

美容クリニックがほとんどが「火傷の発生頻度は年間1回以下」とされていますが、患者さんの生活習慣などによって起こる場合もありますので、きちんと病院の指示を守って施術の準備を行うようにしてください。

また本人も気づかない日焼けによって火傷に発展するトラブルもありますので、髭脱毛を行っている期間中は、なるべく日焼け止めなどを活用して「肌を焼かない努力」をすることをおすすめします。

白にきび(毛膿炎)

男性の顎周辺は白ニキビができやすいパーツとされており、脱毛によって毛穴が刺激されたことで、脱毛の翌日ぐらいからポツポツとした出来物が増える人が多いと言われています。

特に青髭の人は毛の密集が過度であるため、脱毛を受ける際にも注意が必要です。

白ニキビは体質的な要因が強いため、美容クリニックや脱毛サロン側の過失ではありませんが、あまりにも炎症やポツポツの数が多い場合は、早めに相談した方が良いと言えるでしょう。

外用薬と内服薬でアプローチするのが基本となりますが、自分で保湿ケアを入念にしているだけでも症状は改善していきます。

白ニキビや吹き出物が存在する期間は施術全般ができませんので、次の予約に間に合わせるためにも、なるべく早く肌環境を整える努力をしてみてください。

まとめ

剛毛が密集している髭は、脱毛による副作用が出やすいパーツとされています。

中には施術をする度に肌トラブルを起こす人もいますので、帰宅後に生じた肌トラブルをメモしてスタッフに伝える協力的な姿勢も、副作用を軽減する努力のひとつと言えるでしょう。

施術者も前回のデータを見ながらレーザーのパワーを変えていきますので、次第に副作用が軽減するケースがほとんどとなっています。